激しい競争

税理士の現在の資格保有者の人数は若干飽和状態にあります。税理士が増加したことで仕事の奪い合いになり、顧客の獲得が難しい状態にあります。税理士は、自分で事務所を立ち上げて独立して仕事をしている人間が多いため、比較的高齢になっても仕事を続けるケースが多いのです。そのためやや税理士の資格を持った人間が余り気味になっているのだと思われます。 税理士として仕事をするのであれば、税理士事務所で雇われるよりも開業したほうが収入が増えるとされます。その収入の額も雇われと開業では2倍以上の開きがあるため、資格を持った税理士は独立して自分の事務所を持ちたがるのです。しかしそれも現状では競争が激しいため、独立をすすめにくい状況になっています。

現在独立して開業している税理士のほとんどは、代々それを家業にしている場合や税務署員が転職して開業しているケースが多いのです。実際に親世代から引き継いだ税理士は、あらかじめ顧客や事務所が用意されていて、そこに収まるだけでいいので簡単に独立が可能です。 元税務署員も前職で培われた人脈や経験が豊富ですから、独立するのに問題は少ないと考えられます。税務署に勤務経験がある場合、顧客から信頼が得られるのはもちろん、税務署内にある人脈で交渉の際融通がききやすいという利点があります。 これから一から独立開業する場合は、人脈やコネが少ないためかなり苦戦が強いられるかもしれません。しかし真摯な仕事をしていけば、必ず道は開けていくはずです。逆境も糧にして進んでいくことが大成するチャンスと考えて、長い目で仕事をしていくといいでしょう。