税務サポート

一昔前までは日本でビジネスを行っている場合、日本における課税関係だけを考えて税務申告を行えば良かったですが、ビジネスのグローバル化が急速に進む中、企業は税務申告に際して日本のみならず、ビジネスを展開している海外の国の課税関係についても考える必要が出てきています。こうした課税関係の複雑化を受け、税務の専門家である税理士による税務サポートのニーズは足もとすでに非常に高まっていますが、今後も益々需要は高まっていくと予想されます。相談内容については、日本国内よりも海外の国における税務申告の仕方を相談する企業が増えていくと予想され、海外の税法に精通した税理士に対する需要が最も高まりやすいと予想されます。

税理士による税務サポートサービスを利用する際の注意点は大きく二点あります。まず第一にコストコントロールです。個人の税務申告サポート業務などでは固定料金制を採っている税理士事務所が多いですが、企業の税務サポートサービスには時間料金制を採っている税理士事務所が多いです。税理士は1時間あたりの相談料金が高く、中には1時間で5万円以上するような場合もあるので、コストコントロールはしっかりと行わないと結果的に節税効果よりも税理士費用の方が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。また第二の注意点は税理士が作成してくれる税務申告書類は、あくまで代理作成なので申告内容の最終責任は納税者自身にあるので注意が必要です。